Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/1016-58f368cc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

生命の輪廻とエネルギー

1205.jpg


浅川嘉富氏のHPに、退行催眠の世界的権威であるブライアン・ワイス博士のインタビュー記事の一部が紹介されていた。その中に「人類」と言うものについて、非常に分かり易い言葉が載っていたので紹介します。



例えて言えば、人類は氷の塊のようなもので、大きさも形も互いに異なる独立した硬い固体です。これらの氷が冷たい水に漂っている時、氷は互いに離れ離れになっています。しかし、もしエネルギーを使って水を加熱すれば、氷は溶け始め、最後にはすべて水に溶けてしまいます。この時、氷はもう互いに離れ離れの状態でなくなり、異なる生命の状態、振動形式に入ります。もし引き続き加熱すれば、水は水蒸気に変わります。

このとき、肉眼では氷の存在はすでに見えませんが、氷を構成する物質は水蒸気の中に存在していることを我々は知っています。水蒸気を超えると、神の世界に近づき、或いは高い知能の次元に近づくと考えられますが、我々にはそのような世界を表現する言葉がありません。なぜなら、我々はただ氷の塊の次元の生命だからです。人間はまるで氷の塊のようなものだと私は思っています。人間が次元を高めるために必要なものは愛(慈悲)のエネルギーであり、熱のエネルギーではありません。

我々の意識(魂)が体を離れる時、まるで氷の塊から水に溶けたような形になり、振動エネルギーがさらに高い次元に達したら、私達は水蒸気のようになります。水蒸気を超えた次元は、更に遠く更に高い次元であり、私達にはその次元を形容する言葉さえありません。それはまさにエネルギーの世界で遥かに水蒸気の境界を超えています。

逆の過程も考えられます。もし高エネルギー世界の生命が、そのエネルギーが徐々に低くなり、更に低くなれば、最後に人間になります。私達人類は最も低能で、最も緩慢な振動、まるで水分子の最も遅い振動形式の氷の塊のようなものです。



一人でも多くの人に「何故生まれてきたのか」という疑問に対しての答えを見つけてもらいたい。地球の今を知ってもらいたい。今生が永遠の生命の中の「一コマ」であることを理解してもらいたい。画一化された教育やバカなマスコミを遠ざけて、あなたの命の真実を見つけてほしい。


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/1016-58f368cc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

サッポロのJunです。ヨロシクね^^


高度利用者向け
緊急地震速報専用受信ソフトウエア
SignalNow Express
(Windows用無料版)



ブログ内検索



【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!

【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!
価格:1,890円(税込、送料別)

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!
価格:2,310円(税込、送料別)





お勧めです!

The Earth from Space Photos

 

Earth From Space

Views of the Solar System

 

Havaria Information Service

リンク



YouTubeにも動画があり、つい買ってしまいました^^ 比較したドイツ製TR-TOR30BKよりも安くて動作音が静かだったから! 明るさに関しては文句なし^^

フリーエリア



マクロミルへ登録

 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。