Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/261-be72f09e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

都民の皆さんと力をあわせて、大都市を守ります=東京都・防災通信課 (上)

いーぐる⇒ スーパーマツプルデジ7ニシCD【家庭・学習・辞書・地図】 SYOBUNSYA Super Mapple D...
【PJ 2007年05月15日】- 東京・豊島区の『防災を考える・小さな女性の会』の代表2人が、東京都庁の防災センターを訪ねた。蒲池尚美さん(34)と町田さおりさん(29)は流通業の都内店舗に勤務する。職場をともにする2人は、職場の消防総合訓練にも参加し、119番通報などの訓練も受けている。防災への意識は高い。

 他方で、つね日頃から大地震に遭遇したならば、いかに自らの生命と家族とを守るか、と考える。隅田川、荒川、多摩川などの橋が落下したならば、どのように、幼い子が待つ家に帰れるのか、という不安なども抱く。

 『東京都は帰宅ルートなど、どのように情報を提供してくれるのかしら』という問題意識を含め、総合防災部・防災通信課の古田功三(ふるた こうぞう)課長から話を聞いた。
                
 都庁第一本庁舎には8階と9階を吹き抜けにした、『災害対策本部室』がある。同代表の2人はそこに通されて、200インチ×2面の大スクリーン、地図表示板、状況表示盤を見ながら説明を受けた。

 防災センターは地震、水害、土砂崩れなどの自然災害のほか、大規模テロなどの人的災害、新型インフルエンザなどの新たな危機など、あらゆる災害の情報を集めている。「災害情報は区・市町村、警視庁、東京消防庁など、各機関から収集しています」と古田さんが説明した。

 彼女たちは大地震の情報収集だけかと思っていたようだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



◆防災関連ブログ記事
香港でのお泊まりは - 周・郵・研 - traveling philatelist ... (5月17日2時5分)

鬼の帰還 - そのうちなんとかなるだろう (5月17日1時38分)

笑えない話の奥へ - 建設コンサル こてつの日記 (5月17日1時7分)

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/261-be72f09e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

サッポロのJunです。ヨロシクね^^


高度利用者向け
緊急地震速報専用受信ソフトウエア
SignalNow Express
(Windows用無料版)



ブログ内検索



【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!

【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!
価格:1,890円(税込、送料別)

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!
価格:2,310円(税込、送料別)





お勧めです!

The Earth from Space Photos

 

Earth From Space

Views of the Solar System

 

Havaria Information Service

リンク



YouTubeにも動画があり、つい買ってしまいました^^ 比較したドイツ製TR-TOR30BKよりも安くて動作音が静かだったから! 明るさに関しては文句なし^^

フリーエリア



マクロミルへ登録

 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。