Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/584-ccd2036a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

災害時の「マップ」作製が県内本格化 個人情報保護で難航も

【送料無料選択可!】関東地獄地震 / ハンサム兄弟 vs ジャックバドラ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070629-00000002-cnc-l20
 【長野県】豪雨や地震などの災害時に住民同士で助け合うための「災害時住民支え合いマップ」の作製が県内で本格化している。昨夏の豪雨災害でも役立ち、あらためて注目されている半面、住民が近所の事情に詳しくなくなっていることや、プライバシー意識の高まりから難航している市町村もある。

 マップは高齢者、障害者ら1人での避難が難しい「要援護者」と、その人と親しい「支援者」を示した地図で、県は2年前から作製を後押ししてきた。昨年7月の土石流で避難指示が出た箕輪町の北小河内地区では作製中のリストが、逃げ遅れた人がいないかの確認に役立ち、能登半島地震の石川県の被災地でもマップが力を発揮した。

 県によると今年3月末現在、58市町村が取り組み中で、うち338地区(19市町村)でマップが完成。このうち5町村では全地区のマップが完成した。ただ、「取り組む予定がある」が11市町村、「行わない」も12市町村あり、温度差をうかがわせた。

 難航しているのは、集合住宅や自治会に入らない人が多い都市部が目立つ。取り組みの主体となる自治会など住民側と、行政の連携も鍵で、松本市は「かかわってほしくないと言う市民もいる。個人情報保護のため行政の情報は出せない」との姿勢。最多の114地区のマップが完成した駒ケ根市は「市があらかじめ本人に同意を取っておき、情報提供を求められれば応じた」と柔軟に対応した。

 「行わない」とした市町村のうち岡谷市など事実上、取り組み中という例もあったが、「住民のつながりが強く、マップの必要性を感じない」(泰阜村)との声も...

ニュースの続きを読む



◆地震 情報関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/584-ccd2036a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

サッポロのJunです。ヨロシクね^^


高度利用者向け
緊急地震速報専用受信ソフトウエア
SignalNow Express
(Windows用無料版)



ブログ内検索



【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!

【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!
価格:1,890円(税込、送料別)

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!
価格:2,310円(税込、送料別)





お勧めです!

The Earth from Space Photos

 

Earth From Space

Views of the Solar System

 

Havaria Information Service

リンク



YouTubeにも動画があり、つい買ってしまいました^^ 比較したドイツ製TR-TOR30BKよりも安くて動作音が静かだったから! 明るさに関しては文句なし^^

フリーエリア



マクロミルへ登録

 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。