Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/654-9ff586b0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

大手ゼネコン “見せる研究所”へ移行 建て替え・改築相次ぐ

【配送設置無料サービス中】Sertaサータポスチャー両面ピローソフトデラックス/ジャンプキルト...
 大手ゼネコン各社で技術研究施設の建て替えや改築の動きが目立っている。各社に共通するのは、研究所の建物、設備に最新技術を惜しみなく導入している点で、顧客を招いての見学会などを積極的に開き、提案営業に結びつける狙いがあるようだ。従来の“隠す研究所”から“見せる研究所”へ、R&D投資に新たな方向性が加わりつつある。

 ≪建物が試験体≫

 鹿島は6月、60年の歴史を持つ飛田給研究センター(東京都調布市)の取り壊しに着手、11年をめどに本館と実験棟を新設する。投資総額は200億円を予定している。

 飛田給研究センターは1949年に設置された建設業界で初の技術研究所で、1万9791平方メートルの敷地内に大型構造実験棟、音響実験棟など9つの施設が集積している。鹿島では実験棟を順次取り壊し、研究本館と実験棟の2棟を新設する計画だ。

 新しい施設のコンセプトの一つが「ライブショーケース」。耐震技術のほか、地震時の危険回避や迅速な復旧を支援するリアルタイム防災システム、省エネ、分散型電力供給など70件もの同社保有技術を採用し「建物自体を試験体とする」(同社広報部)という。

 新設する2棟の総延べ床面積は約3万平方メートルで、国内でも屈指の大型施設となる。当然最先端の研究機能も担うが、建設業特有の大型実験設備などを導入する計画は今のところはなく、建設自動化システムや大深度地下利用、医療施設向け建設技術の確立に向けたソフトウエア開発に重点を置いているようだ...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



◆防災 設備関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/654-9ff586b0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

サッポロのJunです。ヨロシクね^^


高度利用者向け
緊急地震速報専用受信ソフトウエア
SignalNow Express
(Windows用無料版)



ブログ内検索



【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!

【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!
価格:1,890円(税込、送料別)

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!
価格:2,310円(税込、送料別)





お勧めです!

The Earth from Space Photos

 

Earth From Space

Views of the Solar System

 

Havaria Information Service

リンク



YouTubeにも動画があり、つい買ってしまいました^^ 比較したドイツ製TR-TOR30BKよりも安くて動作音が静かだったから! 明るさに関しては文句なし^^

フリーエリア



マクロミルへ登録

 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。