Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/763-1e62c881

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【萬物相】イノシシと特戦司令部

わんのはな サメなんこつ君 ドライマイクロパウダーお試し40g
 キャビア(チョウザメの卵)、フォアグラ(ガチョウの脂肪肝)とともに西洋で「3大珍味」の1つに数えられているのがトリュフ(セイヨウショウロ)だ。1キロ当たりの値段は安いもので500万ウォン(約62万円)、高いものになると1億ウォン(約1236万円)もするという。だがこの別名「黒いダイヤ」を掘り出すのはそう難しいことではない。フランス人たちは土の中で育つトリュフを掘り出すのにブタを利用する。トリュフを加工する際に出る残りかすを食べさせ、においを覚えたブタを森の中に放しておけば、トリュフ独特のにおいを見事に嗅ぎ分けるのだ。 ブタの嗅覚細胞は2億個もあり、人間の40倍にもなる。犬に劣らないほど嗅覚が発達しているのだ。ドイツでは麻薬の捜査にブタを利用している。このため、イノシシ狩りをするハンターたちは「風の流れる方向に進まない」ことを第一の鉄則にしているという。人間の臭いに驚いて逃げてしまうからだ。イノシシは聴覚もまた優れている。ハンターたちが音を立てて歩き回れば、イノシシ狩りは失敗に終わってしまう。また、イノシシは尋常でないほどの荒々しい性格の持ち主だ。イノシシが正面からぶつかってくれば、1トンの物体に衝突するのと同程度の衝撃を受けるという。 柳時敏(ユ・シミン)前保健福祉部長官が、「わたしが大統領になったら、初雪の日に空輸部隊を動員し、イノシシ狩りをしようと思う。捕獲したイノシシの10%は部隊の取り分にする」と発言した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



◆動物 保護関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/763-1e62c881

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

サッポロのJunです。ヨロシクね^^


高度利用者向け
緊急地震速報専用受信ソフトウエア
SignalNow Express
(Windows用無料版)



ブログ内検索



【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!

【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!
価格:1,890円(税込、送料別)

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!
価格:2,310円(税込、送料別)





お勧めです!

The Earth from Space Photos

 

Earth From Space

Views of the Solar System

 

Havaria Information Service

リンク



YouTubeにも動画があり、つい買ってしまいました^^ 比較したドイツ製TR-TOR30BKよりも安くて動作音が静かだったから! 明るさに関しては文句なし^^

フリーエリア



マクロミルへ登録

 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。