Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/820-ae2e7106

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

火災警報器の普及率15% 田辺市消防本部管内(和歌山)

大地震の瞬間・・・わずか数秒が生死の分かれ目※ポイント10倍!実施中(9/10AM9:59まで)緊急地...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070828-00000000-agara-l30
 2006年6月以降に建てられた新築住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられてから1年が過ぎた。田辺市消防本部管内の普及率は分かっている分だけで15%と低く、依然として広まっていない。同消防本部は「新築はすべて設置されているが、既存住宅もできるだけ早くつけて」と呼び掛けている。
 アメリカでは1970年代後半、住宅火災の死者は1年間で6000人いたが、住宅用火災警報器の普及率が90%以上を超えた2002年には半減した。
 新築住宅は全国一律に06年6月1日から、寝室などに設置が義務付けられた。既存住宅は市町村によって2~5年の猶予期間が設けられているが、和歌山県の場合、一律に2011年5月31日までを猶予期間としている。罰則規定はない。
 田辺市消防本部は、06年6月1日から今年7月末現在までで、管内の約4万1000世帯のうち、延べ1万6632世帯に警報器設置の義務化を説明。旧田辺市内では83町内会のうち60町内会で説明した。
 新築住宅は、申請書類で住宅用火災警報器の設置が確認できないと許可されないため、06年6月1日以降に建てられた481戸すべてに設置されている。
 防災設備業者やガス会社から購入した世帯数をまとめたところ、普及率は7月末現在で15・1%になった。ただし、ホームセンターやインターネットなどで購入した分は把握していないため、実質的にはこれ以上となるが、それでもまだ低いという。
 今後、正確な普及率を把握するために、2009年6月をめどに、無作為に抽出して調べる方法や全世帯にアンケート用紙を配って調べる方法などを検討している...

ニュースの続きを読む



◆防災 設備関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/820-ae2e7106

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

サッポロのJunです。ヨロシクね^^


高度利用者向け
緊急地震速報専用受信ソフトウエア
SignalNow Express
(Windows用無料版)



ブログ内検索



【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!

【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!
価格:1,890円(税込、送料別)

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!
価格:2,310円(税込、送料別)





お勧めです!

The Earth from Space Photos

 

Earth From Space

Views of the Solar System

 

Havaria Information Service

リンク



YouTubeにも動画があり、つい買ってしまいました^^ 比較したドイツ製TR-TOR30BKよりも安くて動作音が静かだったから! 明るさに関しては文句なし^^

フリーエリア



マクロミルへ登録

 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。