Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/858-cbfd2791

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

最も衝突可能性が高い小惑星アポフィス:観測ミッション公募中

あの【宝石地球儀】を大セール! 在庫あるだけ!【070906m】【sale】【宝石地球儀】ホワイト15c...
John Borland 2007年09月04日
Photo Credit:NASAジェット推進研究所(JPL)BBCの報道によると、イギリスの宇宙科学者らが、2029年に地球にかなりのニアミスをしそうな軌道を持つ小惑星に、探査機を接近させて研究する計画を提案しているという。直径約300メートルのこの小惑星は、アポフィスと呼ばれている。米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所(JPL)のサイトでは、今後数十年にわたるアポフィスの軌道のアニメーション画像を見ることができる。[画像は、アストロアーツ社の安喰修氏の『OrbitViewer』を、JPLの研究者が拡張したもの。]地球や金星とのニアミスの様子も確認できる。数年前に発見された当時の軌道計算では、地球と衝突する恐れがあるとされたため、ちょっとしたパニックを引き起こした。しかしその後の計算によって、アポフィスは2029年と2036年の2回、地球のごく近傍を通過する――BBCの記事にもある通り、地球からの距離が一部の通信衛星よりも近くなる――が、衝突の恐れはほとんどないと予想は改められた。それでも、研究者たちの関心が消えたわけではない。民間の宇宙サービス企業、仏Astrium社のイギリス法人では、小型の探査機を今から7年後にアポフィスに接近させ、その後3年間の追跡で、この小惑星の大きさや公転周期、組成や表面温度などの詳細な情報を得るというアイディアを提案している。こうした情報が得られれば、将来地球に衝突する確率がより正確に計算できるはずだ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



◆地球関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/858-cbfd2791

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

サッポロのJunです。ヨロシクね^^


高度利用者向け
緊急地震速報専用受信ソフトウエア
SignalNow Express
(Windows用無料版)



ブログ内検索



【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!

【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!
価格:1,890円(税込、送料別)

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!
価格:2,310円(税込、送料別)





お勧めです!

The Earth from Space Photos

 

Earth From Space

Views of the Solar System

 

Havaria Information Service

リンク



YouTubeにも動画があり、つい買ってしまいました^^ 比較したドイツ製TR-TOR30BKよりも安くて動作音が静かだったから! 明るさに関しては文句なし^^

フリーエリア



マクロミルへ登録

 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。