Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/884-398a4bfb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【中国】【今日は何の日】1368年:元が北京を放棄

カオス・ポイント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070914-00000000-scn-cn
 1368年9月14日、江南地方に興った明の大軍が大都(現在の北京)に迫り、元朝はモンゴル高原に撤退した。

 モンゴル民族が支配する元朝は、14世紀に入ると帝位相続をめぐる内紛で統治能力が低下し、飢饉や疫病の流行も相次いだ。元朝皇帝(大ハーン)は、主に中国南部で得られる経済的利益を諸侯に分配することで政権を安定させていたが、政府の輸送船が襲撃される事件も頻発し、統治システムも崩れた。民衆の疲弊により社会不安が増大し、1351年には農民反乱「紅巾(こうきん)の乱」が発生した。

 貧農出身の朱元璋は「紅巾の乱」に身を投じ、次第に頭角を現す。最後には首領となって長江下流一帯で地盤を固め、1368年1月、天王府(現在の南京)で即位、明朝を樹立した。

 即位後、朱元璋は大軍を編成して中国北部攻略を開始。9月14日に明軍が元の首都、大都に迫ると、元朝皇帝のトゴン・テムル(順帝)は大都を放棄して北へと退去した。

 現在に残る長城(写真)は、明代に防衛ラインとして建設されたもの。すなわち、長城以北はおおむね元の勢力下にあったが、中国史では1368年をもって統一王朝「明」の誕生とみなすのが一般的。北に退いた「元」は「北元」と呼ばれ、約200年間にわたり明と激烈な抗争を繰り返した。

 明朝第3代皇帝の永楽帝が、都を北京に移したのも、北元と対峙するために皇帝周辺の精鋭部隊を集中させるためだったとされる。長城が北京市内の八達嶺などを通過していることからも、当時の最前線に都を置いたことが分かる...

ニュースの続きを読む



◆人口 爆発関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/884-398a4bfb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

サッポロのJunです。ヨロシクね^^


高度利用者向け
緊急地震速報専用受信ソフトウエア
SignalNow Express
(Windows用無料版)



ブログ内検索



【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!

【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!
価格:1,890円(税込、送料別)

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!
価格:2,310円(税込、送料別)





お勧めです!

The Earth from Space Photos

 

Earth From Space

Views of the Solar System

 

Havaria Information Service

リンク



YouTubeにも動画があり、つい買ってしまいました^^ 比較したドイツ製TR-TOR30BKよりも安くて動作音が静かだったから! 明るさに関しては文句なし^^

フリーエリア



マクロミルへ登録

 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。