Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/924-32174be2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

[環境省]「国境なき調査団」構想 公害時代の団塊世代募り

マルハママルチバンドレシーバーRT-510S鳴物入
 高度成長期後半に噴出した各地の公害問題にかかわった「団塊世代」の自治体職員や会社員らに参加を募り、国際支援の民間組織「国境なき環境調査・協力団(仮称)」を設置する構想を環境省がまとめた。水質汚濁や大気汚染などの測定に当たってきた実務のノウハウを途上国で生かしてもらう狙いだ。 団塊の世代が社会人となった1960年代後半は、水俣病など4大公害病をはじめとする公害被害が全国で噴出。大きな社会問題になり、公害対策基本法(67年)などの法整備も進んだ。公害対策のため毎年数十人規模の職員を採用した自治体もある。 こうした時期に採用された職員が一斉に定年退職を迎えるため、環境省は「水質や大気などの測定技術と豊富な経験を持つ人々が、そのまま引退してはもったいない」と人材活用策を検討した。 同省によると、東南アジアなど途上国では、測定技術を持つ人材が不足気味で、環境汚染の実態を把握するデータも乏しい。そこで、退職した技術者を中心とした「国境なき環境調査・協力団」構想をまとめた。現地で環境調査したり、現地スタッフに試料採取や分析などを指導してもらう。非政府組織とし、既存の環境系国際支援NPOと連携しながら人材を派遣したいという。 組織のあり方は検討中で、土木学会などを中心に組織し、世界各地の被災地に派遣して復旧支援や防災技術の普及に努めているNPO「国境なき技師団」をモデルにする予定。 同省担当者は「公害に奔走した日々の思いを途上国で生かしてほしい...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



◆防災関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/924-32174be2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

サッポロのJunです。ヨロシクね^^


高度利用者向け
緊急地震速報専用受信ソフトウエア
SignalNow Express
(Windows用無料版)



ブログ内検索



【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!

【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!
価格:1,890円(税込、送料別)

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!
価格:2,310円(税込、送料別)





お勧めです!

The Earth from Space Photos

 

Earth From Space

Views of the Solar System

 

Havaria Information Service

リンク



YouTubeにも動画があり、つい買ってしまいました^^ 比較したドイツ製TR-TOR30BKよりも安くて動作音が静かだったから! 明るさに関しては文句なし^^

フリーエリア



マクロミルへ登録

 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。