Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/942-08474da2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

各国の争奪戦勃発! …でも北極って誰のものだっけ?

2008年度版デスクマットwan wan wan
ロシアの有人潜水艇が先ごろ、世界で初めて北極点の海底に到達、チタン製の国旗を海底に立てて「占有権」をアピールしている。

北極海の海底には原油や天然ガスが多く埋蔵されていると見られており、また、地球温暖化の影響で北極海の氷が減少したことで、北極海経由の海路が開かれる可能性もあるという。今回のロシアの占有権アピールは、こうした資源や利権をめぐる争奪戦という側面が背景にあり、当然アメリカやカナダはすかさず反発している。

でもちょっと待って。そもそも北極って誰のもの? こう聞かれてスラスラと答えられる人、案外少ないのでは? 外務省経済局海洋室に問い合わせてみた。

「海洋に関する問題を定めた国連海洋法条約では、各国の沿岸から200海里(約370km)の範囲を排他的経済水域とし、資源の開発などを認めています。北極点を排他的経済水域に含む国はないため、北極点周辺の北極海はいずれの国の管轄権も及ばない“公海”という扱いになっています」

つまり現状では「誰のものでもない」が正解。ただし、北極占有を強硬にアピールするロシアの主張にもまったく根拠がないわけではない。

「同条約では、たとえ200海里の範囲の域外であっても、陸地から連続する大陸棚であることを科学的に証明すれば、地下資源の開発権が容認されるんです」(同)

事実ロシアは、北極海底が地質的に陸続きだとして、2001年にも国連に申請を行ったが、データ不足との勧告を受けている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



◆温暖化関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://earth4649.blog89.fc2.com/tb.php/942-08474da2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

サッポロのJunです。ヨロシクね^^


高度利用者向け
緊急地震速報専用受信ソフトウエア
SignalNow Express
(Windows用無料版)



ブログ内検索



【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!

【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!
価格:1,890円(税込、送料別)

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!
価格:2,310円(税込、送料別)





お勧めです!

The Earth from Space Photos

 

Earth From Space

Views of the Solar System

 

Havaria Information Service

リンク



YouTubeにも動画があり、つい買ってしまいました^^ 比較したドイツ製TR-TOR30BKよりも安くて動作音が静かだったから! 明るさに関しては文句なし^^

フリーエリア



マクロミルへ登録

 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。