Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洪水・竜巻・大雪

27日の暴風雪で登別市中心に4万4000世帯の大規模停電(12/11/28)



『浅川嘉富の世界』のHP、「欧州を襲う異常気象」より一部転載。


温暖化は単に世界の気温を上昇させるだけでなく、一方で、寒冷化や大雪をもたらしているのが分かる。それは、グリーンランド の氷床や北極海の海氷の融解が、潮流や大気の流れを変化させていることを示している。こうして地球全体の気象に異変が生じ、大規模な干ばつや洪水、ハリケーン、暴風雪が次々と発生してきているのである。

とかく人間は「直線思考」で事態の推移を予測しがちであるが、自然の変化や経済の混乱は「放物線」を描いて進むのが常である。ここ数年ゆるやかな放物線を描 き始めてきていた変化は、これから先、年明けから2015年にかけ、一気に急激なカーブを描くことになるはずだ。

北海道を襲った暴風雪で数日間の停電に見舞われた被災者たちが、「電気を使わない石油ストーブを用意しておけばよかった」と嘆いておられるようだが、何を今頃、馬鹿なことを言っているのだと情けなくなってくる。ニュースで見聞きする災害はみな他人事 として、対岸の火事の気持ちで眺めているからなんの準備もせずにいるのだ。

これだけ世界各地で次々と異常気象が発生して来ているというのに、人間とはなんとも情けない「生き物」である。私のHPの読者だけはそうならないことを願っている。



安部氏再登場は国家を滅ぼす

x1121.jpg

『浅川嘉富の世界』から「政治をもてあそぶ政治家達」に、安部氏再登場は国家を滅ぼすとの記事がアップされていた。まったくもって同感!!

こんな馬鹿な総裁を立てなきゃいけない自民党も終わってるし、民主党も崩壊寸前。
石原・橋下連合も危険度強!

個人的には小沢さんに頑張ってもらいたいのだが・・・・

11.11反原発1000000人大占拠


x1111g.jpg


▼呼びかけ

2012年夏、野田政権は世論である「再稼働反対」の声を踏みにじり、安全対策も後回しのまま、「国民の生活を守る」という嘘で脅しをかけ、大飯原発3、4号機の再稼働に踏み切りました。
ところが関西電力の総出力に占める大飯原発の割合は1割にも満たず、実質的に「原発ゼロ」の状態が続いており、夏場さえほぼ「原発ゼロ」で乗り切ったのです。
この事実こそが、既に日本が原発に依存していないこと、即時停止こそが現実的な選択であることをはっきりと証明しています。

にも関わらず、政府はパブリックコメントで「原発ゼロ」を望む声が9割以上である事を無視し、経済界やアメリカからの要請を受け「原発ゼロ」を含む「革新的エネルギー・環境戦略」の閣議決定を見送り、また、本来「原子力ムラからの影響排除」という趣旨で進められていた原子力規制委員会および規制庁の人事を、田中俊一氏をはじめとした原子力ムラの人間や官僚によって構成しました。
こうした法規を軽んじ、脱法的に原発を延命させようとする動きによって、全原発即時廃止の実現は雲行きが非常に怪しくなっています。
日本はこのままでは、福島第一原発事故の収束もままならず、補償等の問題も解決しないまま、永久的な原発存続への道を突き進んでしまいます。

しかし、それでも私たちには、声をあげることにより世の中をより良く変えていく力がまだまだあります。
5月5日から56日間も続いた全国50基すべての原発の停止も、市民が首相に直接面会し要求をした事も、政府が一時的にも「原発ゼロ」に言及した事実も、すべては原発のない社会を望む一般市民が黙ることをやめ、声をあげたことから始まりました。
3.11以降全国各地で毎週続いてきたデモ、毎週金曜の首相官邸前をはじめとする全国で100を超える地域での抗議行動、パブリックコメントや署名ほか、一般市民の懸命な反原発運動は、確実に政府を揺るがしてきました。

首都圏反原発連合は、来る11月11日、首相官邸前、国会議事堂周辺をはじめとする永田町・霞が関一帯で、未だかつてない大規模な抗議行動を呼びかけます。
政府に「原発ゼロ」の英断をさせ、再稼働を許さず、全原発即時廃止を実現するために、100万人規模の強大な声をたたきつけましょう!
首都圏にお住まいの方はもちろん、全国からの皆さんのご参集をお願いします。

世界の火山の噴火状況


『In Deep』の9月19日の記事「金正恩第1書記は元気なのか?」『地球の記録』の記事「世界の火山の噴火状況 2012年9月」からの転載があった。

この『地球の記録』というブログは初めて知った。今まで火山の状況に関しては『てるみつ部屋BLOG』を参考にしていたが、この『地球の記録』もブックマーク入り。

ボルケーノ・ディスカバリーというリアルタイムの火山監視サイトのマップを元に2012年9月16日現在の世界の火山の噴火状況を紹介していたが、ここに載せたのは今日9月22日現在のマップ。

航空写真ではなく地図をベースに表示させてみたが、これからどう広がっていくのかなぁ・・・と心配になるくらい、多くの火山活動が確認できます。


x0922.jpg



噴火中の火山

・ヨーロッパ
 ▲ ストロンボリ火山(Stromboli / イタリア)

・アフリカ
 ▲ オルドイニョ・レンガイ(Ol Doinyo Lengai / タンザニア)
 ▲ エルタ・アレ火山(Erta Ale / エチオピア)
 ▲ ニーラゴンゴ山(Nyiragongo/ コンゴ民主共和国)

・インドネシア
 ▲ カランゲタン山(Karangetang / インドネシア)
 ▲ ドゥコノ山(Dukono / インドネシア)
 ▲ ロコンエンパン山(Lokon-Empung / インドネシア)
 ▲ ソプタン山(Soputan / インドネシア)
 ▲ スメル山 (Semeru / インドネシア)
 ▲ バトゥ・タラ火山(Batu Tara / インドネシア)

・中米、カリブ海
 ▲ サンタマリア火山 (Santa Maria / グアテマラ)
 ▲ フエゴ火山 (Fuego / グアテマラ)

・南米
 ▲ ビジャリカ山 (Villarrica / チリ、アルゼンチン、南アフリカ)
 ▲ レベンタドール火山 (Reventador / エクアドル)

・太平洋
 ▲ キラウエア火山(Kilauea /ハワイ)
 ▲ キラウエア火山(Kilauea /ハワイ)
 ▲ ウラワン火山(Ulawun /パプアニューギニア)
 ▲ ヤスール火山(Yasur /バヌアツ)
 ▲ アンブリム火山(Ambrym /バヌアツ)

・クリル諸島から、日本、フィリピン
 ▲ シベラハ山(Shiveluch / カムチャッカ)
 ▲ クリュチェフスカヤ山( Kliuchevskoi / カムチャッカ)
 ▲ ベシミアニ山(Bezymianny / カムチャッカ)
 ▲ キジメン山(Kizimen / カムチャッカ)
 ▲ カリムスキー山(Karymsky / カムチャッカ)
 ▲ 桜島(Sakurajima / 日本)

・他の地域
 ▲ エレバス山(Erebus / 南極)
 ▲ 南極にあるエレバス山。


火山活動に対しての警報発令中の火山

ヨーロッパ
 ▲ エトナ火山(イタリア)

アフリカ
 ▲ ニアムラギラ山(コンゴ民主共和国)

インドネシア
 ▲ クラカタウ(インドネシア)
 ▲ ムラピ山(インドネシア)

アリューシャン、アラスカ、北米
 ▲ クリーブランド山(アラスカ)

中米、カリブ海
 ▲ ポポカテペトル山(メキシコ)
 ▲ サンクリストバル火山 (ニカラグア)
 ▲ テリカ(ニカラグア)
 ▲ マサヤ山(ニカラグア)
 ▲ コンセプション火山(ニカラグア)
 ▲ ボルカン・リンコン・デ・ラ・ビエハ(コスタリカ)

南米
 ▲ サンガイ山(エクアドル)
 ▲ ウビナス山(ペルー)
 ▲ トゥングラワ山(エクアドル)

太平洋
 ▲ バガナ山(パプアニューギニア)
 ▲ ランギラ山山(パプアニューギニア)
 ▲ マナム山(パプアニューギニア)

クリル諸島から、日本、フィリピン
 ▲ ゴラリ山(カムチャッカ)
 ▲ 阿蘇山(九州/日本)
 ▲ 霧島山(九州/日本)
 ▲ 諏訪之瀬島(トカラ列島/日本)
 ▲ 硫黄島(小笠原諸島/日本)


いわゆる死の灰中に多量に含まれるストロンチウム90

『黄金の金玉を知らないか?』の「原発情報 ストロンチウム分布図 こっそりと公開」記事に、文部科学省による放射線モニタリング情報なるものが載っていました。

しかしここで紹介されているアドレスは変更されてしまっているようなので、アドレスを載せておきます。

文部科学省による、①ガンマ線放出核種の分析結果、
及び②ストロンチウム 89、90 の分析結果(第 2 次分布状況調査)について

http://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/7000/6213/24/338_0912_18_rev0914.pdf

x0918_137.jpg

x0918_s90.jpg



ストロンチウム90はストロンチウムの同位体の一種であり、その質量数が90のものを指す。天然ストロンチウムに存在する安定同位体(84Sr, 86Sr, 87Sr, 88Sr)より中性子過剰であるためβ不安定核となり、放射性同位体である。
ウランやプルトニウムの核分裂生成物として数%程度生成し、高レベル放射性廃棄物やいわゆる死の灰中に多量に含まれる。半減期は28.79年。(by Wikipedia)


それにしても文部科学省の「放射線モニタリング情報」というのはすごいですね。あまりにも活かされていない気がして、これって税金の無駄遣い?って思ったりもするのですが、どうなんでしょう・・・・。真剣にこのデータとにらめっこして、自分たちの未来を考えている人って、どのくらい居るんだろう?


Appendix

プロフィール

サッポロのJunです。ヨロシクね^^


高度利用者向け
緊急地震速報専用受信ソフトウエア
SignalNow Express
(Windows用無料版)



ブログ内検索



【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!

【送料無料】龍蛇族直系の日本人よ!
価格:1,890円(税込、送料別)

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!

【送料無料】世界に散った龍蛇族よ!
価格:2,310円(税込、送料別)





お勧めです!

The Earth from Space Photos

 

Earth From Space

Views of the Solar System

 

Havaria Information Service

リンク



YouTubeにも動画があり、つい買ってしまいました^^ 比較したドイツ製TR-TOR30BKよりも安くて動作音が静かだったから! 明るさに関しては文句なし^^

フリーエリア



マクロミルへ登録

 



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。